-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-11-10 10:28 | カテゴリ:MG Hi-νGUNDAM
まずは、去る10月25日に開催されました『千葉しぼり第一回展示会』にご来場頂いた皆様方にお礼を申し上げます。
展示会展示作品及びコンペ参加作品写真はこちら
千葉しぼり展示会作品集~千の夜をこえて~
写真撮影&UPにご協力頂きましたガルマザビコ様ありがとうございます。


--------------------------------------------------------------------

上記、『千葉しぼり第一回展示会』に参加するにあたり自分には手元に個人の作品がありませんでした。

普段製作しているものの多くはは、お客様よりの依頼のもので当然手元になく
また、個人としての作品が進行形のもので未完成のものが2つ・・・

さぁ・・・・困った・・・

そこで、『一ヶ月モデリング』と銘打って取り掛かったのがこちら
写真
『Hi-νGUNDAM Ver.ka』

製作に取り掛かったのは発売日の8月30日。
展示会まで1ヶ月と25日。

今までの自分であれば、個人の作品を制作するのにはあまりにも短い期間。

しかし、今までにはない『決して落としてはイケナイ』期日があるからこそ必ず完成させる事を命題として取り組むことにしました。


実は、この『Hi-νGUNDAM Ver.ka』に取り組むのには展示会以外にも理由がありました。

プラモデルを製作し始めたのが2011年。
ファーストガンダム以外の映像・小説を観たり読んだりし始めたのも同じ頃です。

1番好きなガンダムは?と聞かれれば迷わず『フリーダム』と答えますが、1番好きな映像作品は?と聞かれれば『逆襲のシャア』。

νGUNDAM、SAZABY、Re-Gz等の魅力的なモビルスーツも当然ですが、『ガンダム』の代名詞とも言えるアムロとシャアの二人の物語の決着の話であり、その最終決戦にふさわしいストーリー展開・映像・音楽は脳裏に焼きついていて台詞の一つ一つや音楽が流れるタイミングまでも記憶してしまっているほど。

そんな特別な作品の『逆襲のシャア』を見るときに、νGUNDAMとSAZABYが出てくる場面ではいつも他のモデラーさんが作成した機体が脳裏に浮かんでいました。

SAZABYで思い浮かべるのは、現在も模型誌でご活躍中であり最近ではナイチンゲールを製作されていた清潔感のあるセンス溢れる作品を制作される方のHG。

νGUNDAMで思い浮かべるのは4人の方の作品。

1人目は模型を始めた頃から今までずっと尊敬し憧れている、フリーダムでも過去異例のオークション金額をたたき出している方のν。

2人目はいつもHPを拝見する度にとんでもない精度とデザインセンスにため息しか出ない、つい最近オークションのνGUNDAMの高額取引で話題になった方のν。

3人目は、情報量満載のEVOLVE版を作成されモデサミにて入賞された方のν。

最後に、昨年モデラー界の新時代を切り開いたと言っても過言ではない方。勇気と強さを持ち世界の頂へと上りつめた方のν。

モデラーであれば、思いいれのある機体は自分の作製した機体を思い浮かべたいのでは?
少なくとも私はそう思います。

旧MGの頃は模型を始めておらず、一昨年のVer.Ka発売の際には製作途中のものを紛失・・・・
タイミングや諸事情で出遅れ、先達の方々の作品のオーラに気後れしてしまっていました。

そこで、発売されたばかりの『Hi-νGUNDAM Ver.ka』ならば!と言うことで自分のνを横において『逆襲のシャア』を満喫するという自分の中での大きな(?)副題を持って製作開始です。


------------------------------------------------------------------

【仮組み~製作コンセプト】

期待感いっぱいで仮組み!
IMGP3879.jpg

???

なんだか少し・・・・違う・・・?

5月のホビーショウで見た時は『かっこいい』と思っていたのに、今見ると???

キットの出来は5月に見たのと変わらずにいいのに??なのは、先述のように製作を心に決めていて色々自分で思考をめぐらせていたからのようです。

Hi-νはパラレルワールドの『ベルトーチカチルドレン』の中のνガンダムとされていて、νを超える最強のガンダム。
ガンプラファンの最強幻想を出渕先生が、小説の挿絵より模型雑誌のために書き起こしたデザイン。

これ
写真2


これ
写真3


勝手に自分の中で固まっていたイメージjは『最強であり凶悪な顔付き』。

シャアがアムロを自分のナイチンゲールと対等に戦えるように提供したのは、サイコフレームの技術だけではなく装甲等の技術も同時にリークしてた・・・・よってνGUNDAMは連邦の機体でありながらジオンのMSのような風貌もどことなく漂っていた。

このイメージが出来上がっていたので、スタイリッシュなキットはあくまでも自分の好みとは違うものに見えてしまったようです。

今回は創り上げたイメージを優先して、最強・凶悪顔・少しのジオンテイストをコンセプトに製作していくことにしました。

------------------------------------------------------------------

《頭部》

Hi-νの特徴的な部分の一つである顔。
キットはある角度から見るととてもシャープで、正面から見るとマイルドな印象を受けます。

そこで、コンセプトに挙げた凶悪な顔付きをどの角度から見ても実現できるように手を加えました。

真正面から見た状態
IMGP4055_20141110103136ca0.jpg
キットはこの写真でも思いっきり顎を引いた状態ですが、改修を加えたものはまだかなり顎を上げた状態です。

改修を加えたものは、さらに顎が引けるようになっています。
IMGP4056_20141110103138d39.jpg


横から
IMGP4057_20141110103139ecf.jpg


実際、これにたどり着くまでは4テイクほどやり直しを行っています。

改修内容を簡単に記述すると
・トサカの前、後ろは0.25板にて延長及び形状出し。
・高等部を幅ましして整形。
・バルカン部をパテにてボリュームを出し前後に若干長めに。
・バルカン排莢口を自作。
・フェイスをプラ板にて形状変更。
・ヘルメット頬当てを短縮及びプラ板にて形状変更及びダクトの彫りなおし。
・ヘルメットのモノアイに被る部分を挿絵を参考に若干上側にアールをつけるように削り込み。
・髭の角度及び形状変更。

どの角度から見てもいいいい形状になったのではないかと思います。

ただ、最初に手をつけたこの顔だけで既に5日ほど経過していたという(汗(汗


《肩》

頭部の次に手をつけたのが肩。

昨今の流行りで首回りと肩はメカ見せディテールの重要箇所。
自分もやってみたかった部分なのでメカの露出にチャレンジすることに。

自分はセンスがあまりないので『取ってつけた』感だけは出ないようにを目標に取り組みました。

キットはとても良くできています
IMGP3927.jpg

分割、可動ともに申し分ないのですが自分の好みとして胴体側の出っ張りは分割なしで、さらにボリュームを出したいところでした。

それ以外はキットの形状を活かしつつ改修したのがこちら。
IMGP3917.jpg

ディテール全開で行きたいところを、しっかりカバーをかけて内包する精密メカを外傷から守っている・・・風に仕上げました。

改修内容
・出っ張り部分を下部装甲より切り出し上部装甲と接続後ボリューム出し。
・上部装甲を切り欠きフレームに、ディテールをプラ板にで作製。
・下部装甲に段落ち加工。
・小さいスラスターを一回り小さく加工。
・この角度の写真には写っていませんが、端のスラスター上下2個はふちを薄く加工し
排気口をνガンダムの黄色い排気口を真似てパテにて形を造っています。

Hi-νの特徴的な部分以外で今回、1番拘って改修した部分。

製作期間が短いためキット全体を100%改修することは難しいので、見る方の視線を集中させる部分をつくりその部分は妥協しないと決めていました。
肩は、その一つです。

完成後、千葉しぼり展示会では作品の側にいなかったのでどのように自分の作品が見られていたか分からなかったのですが、後日RRM展示会でモデラーさんや一般の方々が見て頂いているのを拝見していたら少しは効果があったようで少しホッとしました。


《胸部》

胸周りもキットは良く出来ています。νガンダムVer.Kaのディテールを減らして使っているようです。
しかし、自分的には最強・凶悪とイメージからは程遠い真面目な印象を受けました。

そこで、まずはラインの変更を行うとこに
胸ライン加工

画像のオレンジのライン、これがキットのラインですが自分のイメージするラインは赤いライン。
F1やスポーツカーのインダクションのようなイメージ。

キットはダクトの正面投影面積が大きすぎるのがイメージするシャープさと異なると思いました。

ダクトは正面にあり被弾の可能性もあるので本来ならばカバーでもついていてしかりなのでしょうが、デザイン上ガンダムであるならカバーは・・・なので全体のラインを変えながら投影面積を減らす方向でも改修しました。

また、ダクトの厚みがかなりありそこも気になるので改修時に薄く加工しました。

改修後がこちら
IMGP3888.jpg

後ほど解説するコックピットブロックも改修が入ってしまっているので、全体的な印象が変わってしまっていますが胸の上面だけを見ていただいてもラインが変わっているのが分かっていただけるでしょうか?

このラインを狙ったのは、顔のラインとの調和も考えて変更を行っています。
それによって、凶悪・最強のイメージに近づけているのではないかと思います。

胸周りの気になる部分はまだいくつかあります。
上半身説明用カットすぐみ加工後

まずは襟と肩の間、オレンジの●の部分です。

ここは、肩越しにみると結構いい感じで見えないので気にならないのですが、正面ややや斜めから見るとちょっと間が抜けて見えてしまいます。(上の写真や、最初の素組の写真ですね)


もう一つは、胸の横幅の広さオレンジのラインの部分です。

Hi-νのボリュームを表現するにはキットとしては良く出来ていると思いますが、やはり自分のイメージには合いません。
そこで先述のラインの変更とともに、横幅を狭める改修を行いました。

2つを改修したものがこちら
IMGP3908.jpg

先ほどのラインと含めて斜めから
IMGP3910.jpg


次に、コックピットハッチ周りです。
まずは、下の写真をご覧下さい。
コックピットハッチ

コップピットハッチ周りにボリュームが足りないと思い、ボリュームの出し方を検討しました。

1番右上の写真でオレンジのラインのように、前にただボリュームを出すのが一般的ではないかと思いますが今回は赤いラインにてボリュームを出しました。

最初は、自分もオレンジのラインでボリュームを出して見たのですがどうもしっくり来ませんでした。
それは先述の胸のダクトの形状を大きく変えてしまっていてバランスが取れなかったからです。

2日間ほど悩んだときにふと見た模型雑誌でNAOKIさんの作例を見ると、ハッチのラインがなだらかにアールを描き下方に広がっていました。そのラインがなんとも色っぽく脳裏に焼きついてしまいました。

NAOKIさんのラインを取り入れて試したところなんともしっくり来たのでこの形状をもとにさせて頂きました。
当方のブログなど見ていただけてはいないと思いますが、この場でNAOKIさんの形状を参考とさせ頂きました事お礼申し上げます。

前方へのボリューム出しと共に、前から見た幅も気になりました。
1番左下の画像でオレンジにラインが引いてある部分です。

ここは、Hi-νのボリュームある胸幅に対してとても華奢に見えてしまうのです。
さらに、前方向にボリュームを出すと前に行くにしたがってさらに細くなり華奢に見えてしまいます。
それを解消するために、ここの幅を若干ではありますが広めに加工しました。

もう一つ、コックピットハッチ周りで気になる部分がありました。

それは上の段の写真二枚につけてあるオレンジの●の部分です。
Hi-νのデザイン上キットでもコックピットハッチがかなり前方に伸びています。

横か見るとオレンジの●の部分がどうしても間延びして見えてしますのです。
そこで、先述の胸幅を広げると同時にコックピット下方まで同時に幅を広げ気になる部分に立体感を与えることにしました。

イメージとしては、1番右下の写真の赤いラインです。


改修前後の写真を比べてみます。
IMGP3908-horz.jpg

IMGP3914-horz.jpg

思っていたより若干手間はかかりましたが、ほぼイメージ通りに改修出来たと思っています。


胸周り最後は、首の取り付け前面の部分。
キットではVer.Kaνガンダムと違い、かなり段差が高くついていて少々野暮ったい感じに思えたのでかなりの変更を加えました。

この首周りについては最後までかなり悩んでいまして・・・千葉しぼりの展示会の開始直前まで悩んで結局その時には答えが出ずに全くと言って加工していないプラ材を取り付けていました。

その後、1週間間が空いてRRM展示会だったのでそれまでに案をまとめて現在の使用となりました。

かなりひどい状態の千葉しぼりに展示した状態と改修後です(・・;)
IMGP3915-horz.jpg

その他、νガンダム特有の左肩のカメラを自作したり胸ダクト下部放熱フィンを作成したりと細かい部分もありますが胸周りは改修は以上です。

改修内容
・胸ダクトライン変更。
・襟と肩の間にプラ材にてディテール追加。
・コックピットハッチ周りボリューム増し。
・首付け根にプラ材にてディテール追加。
・左肩のカメラをプラ材にて自作。
・ダクト下部にプラ材にてフィンを作成。


《腕部》

腕もHi-νの特徴的な部分です。
二の腕は曲面で構成され、前腕は左右非対称。
IMGP3879_20141114134442f2f.jpg

自分がHi-νを好きで製作を始めたわけではないのでどうもしっくり来ませんでした。

最初から違和感があるのは局面構成された二の腕。
しかし、それだけではないようなので熟考してみると・・・・。

11IMGP3892-horz_20141114135136daf.jpg

写真左の●の部分、関節が足の関節より一回り小さく華奢である事。

同じく左のラインを引いた部分の縦の長さが短い事。

前腕の真ん中に段差があることによって少し厚ぼったさを感じる事。

右の写真のラインが直線ではなく折れ曲がっている事によって前腕が小さく見えおもちゃっぽい事。

これを全部改修するとなると時間的に厳しいと思いνガンダムVer.kaの腕を丸ごと取り付けてみましたが、ラインはいい感じではあるのですが設定ではHi-νが若干小柄なため腕だけが大きくなりすぎて違和感があり断念。

仕方がないのでポイントを絞って改修する事にしました。

二の腕の部分は特徴的な部分なので活かし、前腕のラインだけを変更しました。
IMGP3889-horz-horz_201411141516269c6.jpg


一度前腕のライン前面のディテール等を全て削り落としてプラ材にて改修を行いました。

横から見たラインを直線的に取り、正面から見て関節の部分が丸見えだったものを若干装甲で関節をカバーするように延長してあります。

これによって前腕が若干長く見えるのと、もとのディテールの段差がなくなった事によりおもちゃっぽさと厚ぼったさも消えたのではないかと思っています。

改修内容
・前腕のディテールを削り落としプラ材にて再構築。
・その他細かいディテールを追加。

以上で、上半身の改修が終了しました。

上半身をアップで1枚。
4_20141114142709f3e.jpg

-----------------------------------------------------------------

《スカート》

フロントスカートはνガンダムVer.Kaの名残を残しつつ良く出来ていますが、何度も見ているうちに違和感が発生しました。

自分の違和感とは、ただ大きな板が貼ってあるように見える・・・でした。
フロントスカート自体股関節の防弾の「意味があるのでしょうから当然それで構わないのですが、模型的にはちょっと・・・
です。

スカート説明用カットすぐみ

違和感の原因を前から見た写真で解析します。

まずはオレンジのライン。ここが、胴体ラインとも太ももの部分とも流れが会っていない。

次に、薄いピンクのライン。ここは股間パーツの濃いピンクのラインよりかなり上目にあるのですが出来れば濃いピンクのラインより下に来るようにしたい。

もう一つ、●の部分。オレンジのラインとピンクのラインの交わる角です。どうもこの部分が外に張り出しすぎて板感が発生している。

さらに横からの写真を。
11114444444444.jpg

オレンジのラインの厚み。上半身、下半身共にボリュームがある機体なのにフロントスカートは厚みが足りないのです。
最後に、スカート下部の開口部。これも大振りなスカートにしては少々開口部が小さい。

この5つを改修したものがこちら。
スカート改修後-horz

ラインの調整と厚み出し、開口部の大型化でシャープさと力強さが出たのではないでしょうか。

改修内容。
・スカート横&上面のラインを削り出し。
・プラ材にて厚み増し。
・開口部の大型化。
・その他ディテール追加。

サイドスカートはディテールが若干薄めだったので、改修して密度を上げ厚みを若干調整しています。
IMGP3895-horz.jpg


《腰部》

ここもまた特徴的な部分なのですが・・・・・。

まずは画像を。
6666666666_201411142322389d9.jpg

まず、一番気になるのは最下部の●の部分。
νガンダムをさらチューンナップして高機動化した機体なので腰部下部にはスラスターが追加されているのですがとってつけた感が否めません。また、この部分に関わるオレンジのラインがどうも色気が足りないように感じました。

次に、丈夫の●の部分。連邦マークが入っている部分ですが、ただ板が張ってあってその上に連邦マークが乗っかっているだけでどうにもおもちゃっぽい。
さらに、その板感を増長させているのがピンクのライン。板のはめ込みが見えてしまうようなラインどりになっているので、せめてはまっている感をなくしたい。

この4つを改修したもので、キットとの比較画像がこちらです。
IMGP3898-horz.jpg

”ガンダム”感を損なうことなくHi-νのテイストを盛り込む事が出来たのでは無いでしょうか。

改修内容。
・腰部全体をプラ材で改修。
・アフターパーツにてバーニア追加。
・その他ディテールを追加。

実は、腰部は後ろも改修してあります。
しかし、時間がなく中途半端になっていますが一応画像を。
IMGP3931-horz.jpg

前側と同じようにラインがおかしいと感じたため、キットより後ろに張り出させてバーニアを2基配置できるようにしてあります。

本当ならば、さらにこの腰部サイドにサーベルを2本携帯させたかったのですがタイムアウトなのと若干サイズが足りないのでまたどこかで追加できればと思っています。



ここまでの改修を煽りで。
IMGP3980-horz.jpg


《脚部》

脚部は本当によく出来ています。曲線で構成されたデザインを見事に表現してあり、パーツ分割も秀逸だと思います。

しかしながら、改修したがりなモデラーの性で重箱の隅をつつくような改修を行いました。

本当に細かい事ばかりなので、改修後とキットを並べたもので説明します。
7777IMGP3882-horz_201411150233549e9.jpg
①太ももがプレーンなので段落ち加工。
③同じく太もも。可動部分の放熱を狙っているという仮定でスリットを作成。
②ひざアーマー。出渕先生の書き起こしたイラストではキットより長く薄く感じたのでパテにて改修。
④形状は十分に満足できているので少々塗りわけのためのディテール追加。
⑤キットとして全体に”隙”が無さ過ぎるとい感じたので少しパーツ同士を離す”隙”を作成。
⑥⑤と同じく”隙”を作成。
⑦ふくらはぎのバーニアカバーをぎりぎりまで”薄く”加工。
⑧⑦と同じくふくらはぎのアーマーをぎりぎりまで”薄く”加工。
⑨全体的に曖昧なラインや曲面の脛アーマー。削り出しでエッジを出しつつぎりぎりまで”薄く”加工。
⑩足の中では唯一初見で気になったつま先。先細りでありながら甲の高さを保つように改修。
  一見、簡単な改修と思っていましたが結構難しく3テイクもかかってしまいました。

後ろから見た改修後とキット。
7IMGP3881-horz.jpg
”薄く”整形したものは前から見たものの中に記述したので、その他を。
⇒の部分のスラスターカバーにスリットを加工しました。

後は、細かいディテールを少々入れてありますが脚部は以上です。

IMGP3878-horz.jpg


IMGP3975.jpg


IMGP3977.jpg


IMGP3898.jpg


IMGP3910_201411150859274d3.jpg

本体は以上で一応『千葉しぼり展示会~RRM展示会使用として完成です。

--------------------------------------------------------------------

《フィン・ファンネル・ハンガー》

Hi-νのフィンファンネルの解説にはこうあります。
『フィン・ファンネルの装備に際し、当初は全ての端末を直列させ、1基のターレットにパネルやマントのように装備する案もあったが、最終的にはエネルギーの再チャージや装備時のバランスなどから、2基のフィン・ファンネル・ハンガーに折畳んだ状態で3基ずつソケットごとに懸架する使用が採用された。』

Hi-νがνの完全版と言える所以。最強のガンダムとしての重要項目だといえます。

しかしながら開発段階では、こうもあります。
『当初、この機体の再コミュ・システムはあくまで”ファンネル”をコントロールするためのものであったが、サイコ・ドーガの鹵獲により入手したサイコ・フレームを組み込むことにより、機体の傾向が一変することとなった。
~中略~
サイコ・フレームは脳波コントロールのレスポンスが向上する反面、パイロットの意思をこうする傾向があった。アムロはそれを”搭乗者の意思を前に前に突進させるような強制力がある”と評している。サイコ・フレームを据え付ける作業はアムロにとってはナンセンスな作業であったものの、アムロ自身がNT能力に懐疑的であったため、せめてファンネルのコントロールだけでも確実なものにしたいと考えて強行したものである。』

アムロは急造のNT専用機であるνガンダムに不安を抱えていたのでしょう。そこでファンネル・ラックにあるサーベルラックを改修し、そこにファンネルが使用できない場合のためにインコムを内臓させた・・・・。と言う勝手な設定を設けてキット改修を行いました。

ただ、上記勝手設定だとサーベルが腕に内臓の1本になってしまうのでサーベルは後2本は腰の後ろにマウントさせた・・・というもう一つの勝手設定が存在するのですが、今回はそこまで間に合いませんでした^_^;
νのサーベルを提供してくれたアカマンボ君、ありがとね。近いうち必ず使うからね。

前置きが長くなりましたが画像を。
IMGP4008-vert.jpg

改修内容。
・サーベルマウント機構を取り外し、インコム用に改修。
・マウントをはずした部分にパテにてハッチを作成。
・インコムロック機構のようなものをプラ材にて作成。


《フィン・ファンネル》

やはり、ファンネルはキットのものがかなり厚みがあるのでぎりぎりまで薄く削り込みました。
色んな事を考慮しなければもう少し薄く出来そうですが、展示会前ぎりぎりだったので何かあった時のために組立て・バラシ・塗装に耐えられるぎりぎりのところで止めています。

IMGP4066.jpg

ディテールを若干プラ材等で入れてあります。
IMGP4063.jpg


IMGP4008.jpg


IMGP4018-tile.jpg


11111IMGP4023-horz.jpg


IMGP4025.jpg


IMGP4029.jpg


IMGP40122.jpg


まだまだやり足りない部分は多く残ってはいますが、以上で千葉しぼり展示会~RRM展示会使用』としての完成です。


製作期間中は全く記事を書く余裕もなかったので、一気に全てを書きましたが最後までお付き合い頂きました方々にはお疲れ様でしたとありがとうございましたの両方の言葉をかけさせて頂きたいと思います。

知り合いの中では、最後までしっかり読んで頂けるだろーなーと思いあたる方が4名ほど・・・・
そして、一言一句逃さず、画像も食い入るように見て下さるだろーなーと思いあたる方は若干1名ほど・・・
ただ、その方は最後の追い込みで見てもいないかも・・・

その他の方々で見て頂ける方がいるかは定かではありませんが・・・・


今回の記事では、加工途中の写真が一切ありません。
撮影してなかったわけではないのですが、携帯で撮った写真なのとあまりにも机の上がカオスだったので完成品との比較写真とさせて頂きました。
機会があれば、またどこかで掲載する事がある・・・かもしれません。




ここからは、少し自分の思うところを書いて見ます。

あくまでも主観であり、思い込みの部分なので長々とだらだらと書いてしまうかも知れませんが・・・・
お時間のある方はお付き合い下さい。


完成品との比較画像だったので、カラーリングについても最初から見て頂いていましたのでお気付きだとは思います。

Hi-νガンダムなのに、この機体はνガンダムカラーで塗装してあります。

製作初期はちゃんとHi-νガンダムカラーにしようと思っていたので『どんな紫にしようかな』と考えていたのですが、製作が進むにつれHi-νガンダム=νガンダムの思いが強くなっていました。

Hi-νガンダムと言う名前について少し。
Hi-νガンダムと呼ばれる原型は『ベルトーチカ・チルドレン』の口絵で出渕先生が描いたモノクロのイラストであるという事はあまりにも有名であり、その口絵を90年8月に某模型雑誌の作例として製作するために出渕先生が書き起こしたのが現デザイン。
このデザインが起こされた時点ではまだHi-νと言う名前もなく公式設定でもないので『小説版νガンダム』であった。

Hi-νと名前がはじめてついたのがB-CLUBのレジンキットが発売される際で、出渕先生との話し合いでνガンダムの上を行くからHiを付けようとなり申請したら通ってしまった・・・。
しかしながら、この時点でも『アン・オフィシャル』。

2007年のマスターグレード発売に合わせ、サンライズ主導でHi-νという名前は『公式設定化』がなされた。しかし、この際に出渕先生の手によってリファインが行われて異なるデザインになってしまい『以前のデザインはアンオフィシャルである』と解説される。

そして、2014年カトキ先生の手によって以前のデザインをリデザインした形でついにプラモデルとしてのキット化。
しかしながら、この発売以降も公式設定は2007年発表のままとされていてνガンダムの発展型という記載はない。


こうして見るだけでも、本当に数奇な運命を辿っているこのHi-νのデザインと名前。
様々なガレージキットになり映像化されていないにも関わらず、公式設定では、どうしてもアムロが搭乗したνガンダムの発展型という認識はされていない。


確かに映像の力は計り知れません。
現に自分もHi-νのデザインを知り認知したのはそんなに昔ではありませんし、『映像に出てたνガンダムの方がかっこいいよね~』なんて言っていたくらいです。

千葉しぼりの展示会用の作品プレートも、展示会開催2ヶ月ほど前に作成して頂いていましたがその際に提出した私のこの作品の題名は『Regend of another side』でした。

ですが、今回キットを作成して見てこのデザインの素晴らしさを認識し惚れ込んでしまったのです。

それゆえこのガンダムを『Hi』を取ってつけたアナザーワールドのガンダムではなく、しっかりとアムロが搭乗した最後で最強の機体『νGUNDAM』と呼びたいと思いました。

いくら公式では発展型と認識されていないとは言え、ファンネル・ハンガーの説明部が記述した『1基のターレットにパネルやマントのように装備する案もあった・・・』は旧MGの解説の欄に記述があったものです。

ブライトさんの権限で急ピッチで造られたνガンダムは、RX-93のテスト段階から完成形のRX-93 νー2 にて『νGUNDAM』として完成形となった・・・と自分だけでも思っていようと。


そんな思いが作成中に産まれて、展示会前3日にしてνGUNDAMのカラーは紫ではなくこのカラーに決定して塗装しました。


さらには、千葉しぼりの1週間後のRRM展示会でのこの作品の題名は・・・・
『アムロ最後の機体』~RX-93 ν-2 νGUNDAM~
としました。


最後までご覧頂けた方々には、さらにありがとうございました。


表紙決定


























スポンサーサイト
2013-03-18 05:02 | カテゴリ:ずをコン3th RGフリーダムガンダム
ずをコン3th・・・・
色々とトラブルがあり、大遅刻です。
まずはかずをさん及び参加者の皆様へお詫び申し上げます。

トラブルについてすこしばかりお話を。
2月10日ワンフェスへ出店していたのですが、帰りに作成中のQUBELLEY-e Ver.QとMGニューガンダムを積み忘れてしまったのです。
手を尽くして捜索したのですが、結局見つからず・・・(涙

仕方がないので気分を切り替えて2月13日から別の機体を作成しています。
なんとか間に合わせたかったのですが現在も作成中の状況です。
先日のオフ会でかずをさんにはお詫びをしたところ『遅刻大歓迎です。1年後でも完成したらメール下さい、掲載しますよ。』との温かいお言葉。なんとか早期完成を目指して進めていきます。

新機体について書く前に、いまだ名残惜しいので紛失したQUBELLEY-e Ver.Qとニューガンダムを少しだけ掲載。
IMGP2830.jpg

IMGP2832.jpg

IMGP2833.jpg

IMGP2837.jpg

IMGP2840.jpg

IMGP2842.jpg



新しい機体について。
自己責任とはいえ紛失に少し凹んでいたので、作成中に心が折れない機体をしようと思い、ガンダムの中で一番好きで、好き過ぎて一度も作っていないフリーダムを選択。
今回のずをコン縛りがMSVということもありフリーダムとストライクフリーダムを繋ぐ試作機というオリジナル設定で作成をはじめました。オリジナル設定内容は完成時に改めて。
名称は『SPERANZA FREEDAM』使用したキットはRGフリーダム。

製作途中で本体のみではありますが、オフ会参加用にサフを吹いた全体像を。
1_20130318045458.jpg

自分のイメージの中でフリーダムはイケメン&細マッチョ&美しいなので出来る限りそのイメージに近づけるように作業を進めています。

RGに入っているディテールは少々宇宙世紀的なかおりがするんのでほとんど削り落としています。
面構成はC面が多数存在するのですが、シャープさを強調したいのでC面を廃止してエッジを出す方向で作業しています。
プロポーションについてはTVシリーズの『舞い降りる剣』でアークエンジェルの前に飛翔する姿を再現したいと思い手、足、胴体それぞれ若干の延長を行ってあります。

RG素組との比較。
3_20130318045459.jpg


それでは各部の改修をご覧下さい。

《頭部》
5_20130318045502.jpg
キラがラクスからフリーダムを受け取り、起動するシーンがとってもイケメンだったのでそれに近づければ・・・と思い作業を進めました。
A アンテナのシャープ化及び3重構造化。
B フェイスダクト外側を極力薄く削りこみ。
C マスク部及び顎はキットだと小さいと思い大型化。マスクはエポパテにて作成、顎はプラ板をかぶせて大型化。
① カメラアイ周りはプラ板にて作り直し。トサカについてはしっかりエッジを出す作業を行っています。
② ツバの部分にはプラ板を貼りイケメンに見える確度に削り出し(あくまで主観ですがww)
※アルファベットと数字が混在してるのはあとから気付いた作業を書き足したからで深い意味はないので気にしないで下さい(笑

6_20130318045503.jpg
D ピクウス76mm砲の排莢口を作成。
E 側頭部にスジ彫りを追加。
③ 赤いパーツもプラ板を貼り大型化。(キット素組にも試作で大型化したものがついていますw)
ヘルメットの頬当ての部分下部は斜め前に突き出しているのがフリーダムの特徴でもありますが、キットは少々前に出すぎと感じたので、様々な角度から見ながら違和感を感じない程度に先端を後方へと削り込みました。

排莢口のサイズはこのくらいの大きさです。
8_20130318045707.jpg


《肩》
10_20130318045709.jpg
悩みどころだったのがこの肩。
結構面積が広いわりに微妙に分割しずらい形状。ストリートフリーダムになると面構成も増えてMGやPGでもキット状態でもかなり見栄えがするのですが、どうもフリーダムの肩はどのキットも・・・・(汗
ただスジ彫りを増やす方向でもいいかなと考えたのですが、私のフリーダムのイメージの【美しい】にはちょっと適さない気がしました。
そこでスジを入れたいと思う部分を立体で表現する方法をとることにしました。
そうする事によってイメージの一つ【細マッチョ】に繋がる筋肉の分割のように見える事の効果も期待しています。
G 天面はどうしても面構成で見せるのが難しいと思ったので切り欠いてメカを見せる方向にしてあります。
  内部メカは作成済ですが、塗装後接着なのでここでは載せていません。
  空白の部分には若干スジ彫りを入れてあります。
H スジを入れたいと考えたパーツにプラ板を貼り削り出し。
  ただ貼るだけでは不自然なので断面を斜めに整面。それでも密度が若干たりないので少々スジ彫りしています。

9_20130318045708.jpg
パーツの大きさ自体は変えていないのですが、ちょっとマッチョ感でてます?


《腕》
11_20130318045710.jpg
直線的なイメージのフリーダムですが、何故か作画も立体物も二の腕の上についているパーツと前腕が丸い(汗
それがどーしても気になっていたのでそこを改修しつつ他の部分の延長工作とバランスを取るために若干延長工作を行っています。
I 問題の丸い系パーツ。元のパーツを一旦平面に削り出しプラ板を積層後削り出し。
J 今回腕の延長を行っているのが関節。2重関節になっているおかげで真ん中に余裕があります。
  中央部で二分してプラ板を挟んで差異接着。この際ABSという素材上接着が不安定なので関節後部に真鍮線を
  仕込んで強度を上げています。
  また、関節がABS素材のみでディテールが淋しいので延長したプラ板に若干のディテールを加えさらに外側に
  0.14mmのプラ板で囲いを作って関節に深さを出しました。
K 前腕前面も淋しいと感じたので一旦平面に削り出し、穴を開けたりプラ板でディテールを加えてあります。
L 袖、フリーダムのキット達がシャープさに欠けるのはこの部分も影響が大きいのではないかと思っています。
  形状が単に四角で厚ぼったいので、斜めにカットし極限まで薄く削りこんであります。

12.jpg
M 二の腕は直線的過ぎるので、肩をマッチョにしたぶんここにも力瘤に見えるようにプラ板を積層後削り出し。
  塗装の際単調にならないようにスジ彫りを追加。
N 肩から二の腕に続くマッチョラインを繋ぐように、前面を盛り上がらせ背面を平面になるように整形。
  肘関節部の面があまりに直線的に切れているのでプラ板を追加して自然な流れになるように整形。
  フレームは延長してありませんが、手首側も若干プラ板を足して延長してあります。


《胴体》
13.jpg
胴体は各部の延長に合わせて延長すると共に、横幅のボリュームをどのように増すかが悩みどころでした。
切断して幅増しや外側にプラ板を張る事も考えたのですが、今回は他のディテールを足すことでボリューム感を出してみました。
O サイドのボリューム感を出すための一つ。胸下部に大きめのフィンのようなものを作成。
  人間の筋肉でもそうですが、脇の下から後背筋が見えているとかなりマッチョに見えると思うのですがその
  効果を狙って作業してみました。
P 胴体を延長したことによって生まれる隙間を埋めるためにプラ板でディテールを作成。
Q 胴体をプラ板を周りにプラ板を貼り延長。まだデザインに悩んでいるのでこれから追加加工します。

14_20130319160520.jpg
R サイドのボリューム感を出すための二つ目。胸横にダクト風のデイテールを追加。
  これはアキファクトリーのゲート②の三角形状の部分を切り出し、サイズが異なる二つを重ねています。
S 延長した胴体部があまりにも間が開いている気がしたので内部にシリンダーを見せるために開口しプラ板で
  フィンを追加。なんせニュートロンジャマーキャンセラーを搭載してるので放熱は大事・・・www
④ 胸ダクトは周りを極限まで薄く削り、真ん中のフィンは一度切り取り0.14mmプラ板にて新規作成。
⑤ 映像で見る限りはコックピット部分は斜め下に向いている方がカッコイイのですが立体としてみた場合イキリ
  立っているほうが見栄えがするような気がしたので、エポパテに造形。赤い部分下にパテを盛って整形。
⑥ 大事なことを忘れてました^^;肩の位置がとても高く思えたのでフレーム内部にて若干低く加工してあります。

《リアスカート》 
15_20130318045742.jpg
外側にはまだディテールを入れる加工をするので今回は内側のみ。
T ほとんどアクションベースにて飛翔形態で飾るので見えない部分ではありますが、エポパテとプラ版にてディ
  テールを作成。その際、Uバーニア角を内部に埋め込み塗装後プラ板のフィンをつけられるようになって
  います。サイドの細かいディテールな何かのミリタリーのパーツ。


《フロントスカート》
16_20130318045743.jpg
足の延長をする際に問題となるのはフロントスカートだな・・・と思っていました。
何故か?当然足の延長を行うのでスカートがキットのままでは短すぎます。
しかし、単に縦と横に延長してしまうと大きな板に見えてしまい色気も何もなくなってしまうのではないか?と思ったのです。それゆえ今回はパーツを切断して延長ではなく外部にプラ板を張り足してバランスをとって見ました。
U 内側の小さなパーツはキットのディテールを削り取り整面。
V キットのパーツの外側にプラ板を貼り付けて大型化。プラ板はそれぞれの面で貼る枚数を変化させています。
W 横幅を広げ過ぎずに横のボリュームを確保するため、上半身とのつなぎ部分を隠すためプラ板で追加装甲を
  作成。
X MGストフリと同様のディテールとオリジナルのスジ彫りを追加。
前面については先にも書いたようにスカートを大型化することによって板に見えないようにプラ板を貼り外側にスロープがつくように削り出してあります。(って・・・写真じゃわからないか・・・)

17.jpg
後、飛翔の際にやはりスカートが板に見えないように動きを見せるために内側の小さい部分を切り離して可動するように加工してあります。
裏側に真鍮線を通すと共に、ネオジム磁石で動きが固定出来る異様にしています。


《足》
19.jpg
フリーダムの飛翔のポーズで一番の肝は《足》だと思っています。その証拠といっては何ですが、キット自体素立ちだと足が少々短く感じますが飛翔のポーズをとりつま先をぴんっとのばすとかなーりカッコ良く見えます。
ですが、今回はやはり『舞い降りた剣』のワンシーンをよりカッコ良く決めたいので延長工作と肉付き感の調整を行って見ました。
Y 太ももは太く、それでいてシャープな感じにしたかったので面構成を変えることにしました。
  まず、フレームそして外装をそれぞれ2mm延長してあります。
  正面にプラ板を貼った後、削って面構成を変更してあります。立ち姿の時にはシャープな面構成に見え飛翔の
  ポーズの際にはあまり後ろに足を引かなくても面構成のおかげでより後ろに反っているように見えるよう
  調整を加えました。
  面構成だけではやはり少し淋しいのでうるさくない程度にスジ彫りを追加。
  側面はプラ板を足してボリュームを増していますが、ここは単調にならないよう、そして肩や腕の筋肉っぽい
  表現に馴染むように肉付きに見えるような分割を行っています。
Z ふくらはぎはとにかくボリュームが足りないと思ったのでボリュームを増したかったのですが、全体を増して
  しまうと飛翔の際に重たく見えそうだったので、上部にのみエポパテを盛って整形しました。
  ただ、まだこれからディテールを加えて行きます。
AA 脛はディテールはこれからですが、フレーム外装共に3.5mm延長加工してあります。
  キットはC面がありますがここはジャープに見せたいので、C面にプラ棒を貼り付けた後エッジを出すよう
   に削ってあります。
AB アンクルガードはキットでは分割塗装組み立てがしやすいようになっていますが、どうも厚ぼったく感じた
   ので内側のフレームは切り取り廃止、外装を前面を狭く見えるように分割後加工組み立てました。
   組み立ての際に強度を持たせるために、内側に接続用のダボも作成してあります。
AC スリッパは・・・キットが・・・RGにも関わらずなんだかHGシリーズと変らない気がするので全体的に横方
   向を削り込んで細目にしてつま先を延長加工してあります。
   キットの足の甲は丸みを帯びているのでヤスリ掛けにてシャープに整形。

20.jpg
AD 脹脛の後ろがあまりにも淋しい感じだったので、切り欠いて薄く加工してあります。この後切り欠いて露出
  したフレーム部に小さいバーニアを仕込んで行きます。
AF かかとも厚ぼったく重たい感じがしたので、MGニューガンダムVer.KAを参考に切り欠いてその上に0.3mm
  プラ板にて外装を作成してあります。

以上が現在までの進行状況です。
こちらはサフ前の作業状態。
4_20130318045500.jpg

1ヶ月少しでこれぐらいしか進まない手の遅さですが、何とか完成まで持っていきますのでながーい目で見守って下さると嬉しいです。

また、ずをコンはモデラー同士の交流が大事なテーマだったのですが作成に追われすぎて全く交流が出来ていないのでこれから出来る限り皆さんのブログ等を訪問させて頂きますので相手してやってください。


最後に飛翔ポーズ
21.jpg

22.jpg
2012-12-08 00:13 | カテゴリ:ずをコン3th
コンペに参加することに!!!

ずをコン3th!!!
ずをコン


先日、OFF会でお会いしたこともあり『参加するか~』なんて気軽にエントリー
してみたら・・・・・・・
驚きのエントリー数&凄腕モデラー多数参加(汗


ま、エントリーしてしまったのは仕方ないのでとりあえず機体選択

意外とMSVとは言っても誰かが作成しているものが多いので、それを超えるものを
作成するのはなかなか難しい


そこで選んだのはこいつ
q-e
ネットで検索する限りでは製作されている方が少なく、完全完成品が出ていない
後は、最近フィギュア作成でパテと戯れる事に慣れて来たこともあって決定。


とりあえず、つたない作業を紹介
写真は荒いのもありますがご勘弁ください。

MGでチャレンジをとも思ったのですが、ちょっとハードル高いかなと思いHGで作成

元キットで使える部分は頭くらいかなと思ってたのですが、やっぱり・・・(汗
胸は完全に使えないので、せめて腹だけでもと思ったのですがダメでした
1

仕方ないので、可動部をのこしてプラ板で箱組みを作成
2

その上にパテを盛って成型していきます
3

かなり荒めのペーパーにて形を出します
4

腹の部分は全くボリュームが足りないので、さらにパテ盛
5

成型がある程度終わったところで、胸にももりもり
6



なんとなく雰囲気が出たので、ぷち満足を味わいながらシルエットを確認するための
部品を二つ程作成してみることに


まずはフロントスカート
元のフロントスカートの上にパテをもりもり
8

元パーツは取り外してそこから削り出したのがこれ
10

同じく膝アーマーも元のパーツにパテをもりもり
7

こちらも元パーツは外して削り出し
9



細かいディテールは後にして、とりあえずそうちゃーく!!
11

うんうん、なんとなく感が出て自己満足!!!!
膝は上手くつかなかったので放置(汗



このまま、手足を作成しようと思ってたのですが・・・・・・
ええ、病気の発病です・・・・



飲み会でn兄さんの製作途中の作品を見てしまっ・・・た・・・・




出来もしないのに何とか自分の作品も色気を出したいと思い股間をパテで作成することに
12

削り出してみるもなんか違う
13

腹が短すぎるきがするので腹が長く見えるようにパテをもりもり
14

股間にn兄さんのディテをぱ○るべく薄いプラ板を用意・・・・しようと思ったのだが
せっかくだから薄い板をパテで作ってみることに

まずはプラ板に0.5mmのプラ棒を貼り付けてガイドを作成し、そこにパテを置いて丸いプラ棒で
ころころして伸ばして板を作成
15

1時間ほどで半効果するので切り出すと結構自由に型が作れる
うんパテ楽しい
16

そんな感じで作成したのがこれ
17

18

破損を恐れて厚く作りすぎたなwwww
それ以前にパテでなくても良かったなwwww


全体像をまずは掴みたいので、どんどん先に進みます


脇の部分を別パーツにて作成するためにパテをもりもり
19

こちらも画像を頼りに削り出し、ついでに股間にもいち○つ風のステーをこしらえて
腹が重なりをもって長く見えるように作成
20

21


まぁまだまだ構造的にも問題はあるけど、この時点での繋がりをば
22

23

25

あ!背中には背骨風のを入れたいのでスペースを確保してるんだよねん♪
24


なんとか12月中にアウトラインを作成して、2月の締切までディテを入れていけるようにしなきゃ・・・







2012-05-19 03:07 | カテゴリ:MG バンシィ
MGバンシィ完成です!

映画公開に合わせて完成させたかったのでなんとか間に合いました♪

改修は無しで塗装のみになります


ユニコーンのMGを作成したことがなく今回が初の完全変形?変身ですが
いいですねぇ♪

昔ならこのクオリティは超合金とかの完成品でしかなかったな~と思うと
今の時代のプラモデルの凄さを感じますね~


今日は映画→静岡ホビーショーとあわただしい1日になるので準備に追われて
あまり写真が撮れてませんがご覧下さい
11IMGP26366.jpg

11IMGP26376.jpg

11IMGP26426.jpg

11IMGP26446.jpg




2012-05-17 00:01 | カテゴリ:GUNPLA
実は先日驚きの出来事がありました


その出来事とは・・・・・


作品を見て恋焦がれてた方とお会いする事が出来たんです!


そのショック状態から実はまだ抜けきれていないのですがwwwww


決心したことがあるので記録として残しておこうと思います

11IMGP26336.jpg
このキット達をこれから作成してみます


作成すると言ってもケースに出品するものや依頼品としてお受けするものではなく
自分のために作成しようと思います

今までやったことはないのですが自分が思うように時間や完成日に囚われることなく
本当に自分が思ったようにやりたい事を盛り込んで作成します

機会があればこちらでも作業を紹介して行きたいと思いますのでながーい目で見てやってくださいw



余談ですがww驚くべき事がもう一つ
お会いした方が思い出深く話されていた作品を見たいと強く願っていたら・・・・
IMG_4252.jpg
その作品が乗っている古いHJを発見!!
運命の出会いだな~なんて一人でかみしめてますwwww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。