-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-12 06:03 | カテゴリ:RG ガンダムマークⅡ
RGマークⅡ完成!!

当初は完全塗装のみ作成の予定でしたが急遽EasyFinishedも作成しました
EasyFinishedは最後のほうで紹介してますのでご覧下さい♪



キットは作りながらめっちゃテンションが上がるいいキットです


写真多めでどうぞ~



ムーバルフレーム
11IMGP25086.jpg
全天周モニターのコックピトに萌えな私ww

装甲チョイかぶせ
11IMGP2510-tile6.jpg
子供の頃こんな感じの内部メカの絵よく描いて妄想してましたね~


ティターンズ版には外装でテスト機使用のものが付属
・肩上部
・肩スラスター
・胸部カバー
・脚部スラスター
左が通常がテスト機使用
胸部カバーはホビージャパンの作例を真似て加工
11IMGP25136.jpg


ではそれぞれを装着したもので3面比較
スイマセン
パーツでは逆で左がテスト機右が通常です(;^_^A
11IMGP2526-horz6.jpg

11IMGP2527-horz6.jpg

11IMGP2528-horz6.jpg
私はテスト機の方が好みかな


11IMGP25326.jpg

11IMGP25406.jpg

11IMGP25566.jpg


武装一式
11IMGP25246.jpg
サーベル入れて撮るの忘れてた・・・

RGマークⅡは製作者に愛されてできたんだなーと感じるのがこちら
11IMGP25196.jpg
ハイパーバズーカの弾奏に弾の再現やミサイルランチャーの中にミサイルwww
組んだら見ないって・・・・・ねぇ

その他ビームライフルのエネルギーパックをつける部分のディテールや
頭部のバルカンポッドをつける頭側の凹みの中にもモールどがあるww

フリーダムにもその愛を注いで欲しかったよ~盤台さん!!!




塗装はホビージャパンの記事をもとに調色
写真で見ても栄えるように少し明るめに塗装してあります
デカールは左肩の3やリアアーマー・武装にキットのものを使用
他は市販のものを組み合わせてあります
11IMGP25486.jpg

11IMGP25516.jpg

11IMGP25686.jpg

11IMGP25726.jpg

11IMGP25946.jpg

11IMGP26016.jpg

以上が完全塗装


以下はEasyFinished
11IMGP26156.jpg
ゲート処理後キットのデカールを張ってつや消しコートをしたものです

色味が薄い以外はこれでも十分いい出来ですね
RGのキットの良さを感じます

11IMGP26206.jpg
当然こちらのキットにも試験Verの部品も付属します
今朝方完成したのでこちらは写真があまりなくてすいません

塗装との比較
11IMGP26256.jpg


以上、RGマークⅡでした




2012-05-11 09:58 | カテゴリ:1/144 クシャトリヤⅡ
ちょっと5月はじめに締め切りのコンペの作品を作っていたので更新が遅くなりましたww

4月末には完成していた作品を紹介

ただ製作期間が1週間なので今回も100%やりたいことが出来たわけじゃないですねぇ

11IMGP23746.jpg


11IMGP23756.jpg


11IMGP23776.jpg
前回よりもかなり明るさを抑えて調色してあります


加工途中の写真を
11IMG_25146.jpg
肩部は前回同様プラ材でフレーム作成

11IMG_25096.jpg
首後ろ部も同様にプラ材でディテール追加


今回は肩からバインダーへのエネルギーラインを通したのでクランプを自作
11IMG_25196.jpg

クランプを付けてエネルギーライン配置
11IMG_25416.jpg

11IMG_25446.jpg
フンドシ上の部分もプラ材でディテアップ

11IMG_25436.jpg
脚部もプラザ材貼り付けとスジ彫り追加

11IMG_25426.jpg
リアアーマーが淋しいので開口し市販パーツを埋め込みバーニア風

11IMG_25226.jpg
大きくスタイルを変える時間がなかったのでサイドアーマーの白の部分を2重化してボリューム確保

完成寸前全体
11IMG_25466.jpg

11IMG_25476.jpg



素組と完成比較
11IMGP2196-horz6.jpg
やはり次は下半身のボリュームを目いっぱい上げてみたいですね~

11IMGP2198-horz6.jpg

11IMGP2199-horz6.jpg


部分アップ
11IMGP24106_20120511094851.jpg
モノアイスリットはゲルググ風に上下を削り込み
モノアイは金属パーツと市販パーツを組み合わせ

11IMGP2413-horz6_20120511091159.jpg

11IMGP2417-horz6_20120511091159.jpg

11IMGP2412-vert6_20120511091200.jpg

11IMGP24206.jpg

11IMGP24186.jpg

11IMGP2423-horz6_20120511091158.jpg
足の裾から見えるフレームにはスリット状のプラ板を貼り付け

11IMGP24306.jpg
バインダーは先端をシャープに加工
小さいスラスターが埋もれてしまっているので開口して市販パーツで再現

11IMGP2426-horz6.jpg
バインダーの大型スラスターは基部を太く加工し市販パーツとの組み合わせで3重化後メッキ風塗装

11IMGP23676.jpg
ファンネルはディテールが甘いので開口し細かく塗りわけ

11IMGP23696.jpg
残念ながらクシャトリヤの手のパーツは武器をもつ握り手のみ
そこでコトブキヤのハンドパーツを使用
連邦のサーベルはMGガンダムより流用


11IMGP23796.jpg

11IMGP23806.jpg

11IMGP23846.jpg

11IMGP23886.jpg

11IMGP23906.jpg

11IMGP24006.jpg


最後までおつきあいありがとうございました♪



製作依頼承っています。お問い合わせ・ご注文・ご相談はコチラのフォームからどうぞ♪





2012-04-13 00:40 | カテゴリ:1/144 クシャトリヤ
予定より若干遅くなりましたが
クシャトリヤ完成しました



最近毎回書いていますが素組のキットでも十分カッコイイです
いかに最近のキットの出来がいいかということですが
クシャって実は2年くらい前に発売されてるんで少し古めなんですよね



それでも気になる部分が幾つかあったのでそこに手を入れていきます

・モノアイスリットが狭い

・首後ろのディテールが淋しい

・羽の大バーニアが細くチープ

・羽外側の小バーニアのモールドが消えかけている

・肩周りのディテールが薄い

・胸部マシンキャノンのディテールが薄い

・ふんどし上の開口部にディテールが全くない

・スカートにディテールが無く淋しい

・すねの開口部にディテールが無く淋しい

・その他ディテUp




塗装に関しては渋いザク系のカラーではなく
悲しい過去をもつマリーダのためにジンネマンが
エメラルドの輝きをもつMSを用意した・・・
と言うオラ設定で明るめで塗装しました




ではご覧ください



《フロント》
1116_20120413005933.jpg



《Rサイド》
1136_20120413005935.jpg



《Lサイド》
1126_20120413005934.jpg


《リア》
1146_20120413005908.jpg

デカールは貼らないつもりでしたが、666を貼りたいがために
少しだけ色んなものをかき集めて貼ってみました




■改修ポイント



《頭》
1156_20120413005909.jpg
キットはモノアイスリットが狭いのですが設定画ではゲルググぽいので
切れ長になるように削ってあります
モノアイはHiqのモノアイプレートにVCドームを組み合わせ



《背中・マシンキャノン》
1166_20120413005909.jpg
背中もディテールが薄いのでプラ版を足したり元のモールドを削り
コトブキヤのマイナスモールドなどでディテUp
マシンキャノンは削り落としてプラ棒とコトブキヤのバーニアを組合せ


《首後ろ・ふんどし上》
1176_20120413005910.jpg
首後ろ、ふんどし上にプラ棒等を組み合わせてディテUp



《肩周り》
1196_20120413005912.jpg
肩可動部のパーツをはずしプラ版・プラ棒にてディテUp


《羽周り》
1186_20120413005911.jpg
羽可動部は付け根にしかディテールがないので途中の可動部らしき部分に
コトブキヤの丸モールドを追加、側面にはプラ棒にてディテ追加
バーニアは基部自体も細く淋しかったので太めのプラ棒をかぶしてイカツク
バーニア内部も淋しいのでコトブキヤのバーニアパーツを重ねて3重化
羽外の小バーニアは3mmで彫り直したあとWAVEのモールドを追加
ファンネルもひとつひとつ細かく塗り分けてあります


《スカート・すね》
11126_20120413005735.jpg
スカート前横には穴を空けてWAVEのモールドを埋め込み
すね部にはプラ棒・プラパイプにてディテ追加


そんなこんなでディテールを追加していった塗装前がこちら
11106_20120413005734.jpg


あちこちプラ版でディテ追加してます
11116_20120413005735.jpg






アクション・部分アップをご覧下さい
11136_20120413005736.jpg


11146.jpg


11186_20120413005523.jpg


11176_20120413005522.jpg


11196_20120413005523.jpg


11166.jpg


11156_20120413005737.jpg


11216.jpg


11206_20120413005524.jpg
撮影時になってて手元が淋しいと思ったのでコトブキヤの丸指パーツを追加
サーベルは劇中同様グリーンととピンクです













2012-04-05 18:55 | カテゴリ:1/144 ジュアッグ
前回に続きジュアッグを作成しました

今回はアニメよりのちょっと明るめの塗装を行っています

では作業内容を記載します
・グラデーションは無し
・バックパックバーニア&足裏スクリュー塗りわけ
・全塗装後にウェザリングをかけています
 ウェザリングも前回よりは軽めに行っています
・お尻のバーニアはリブを切断して見栄えをよくしてあります
・モノアイは市販パーツに変更して蛍光ピンクで塗装

ご覧下さい

11IMGP20216.jpg


11IMGP20246.jpg


11IMGP20236.jpg

足裏の塗りわけです
11IMGP20276.jpg

バックパックバーニア塗りわけとお尻バーニア
11IMGP20286.jpg

そうそう腕のバルカンの中も塗りわけてあります
11IMGP20266.jpg


11IMGP20296.jpg


2012-03-31 16:39 | カテゴリ:1/144 ジュアッグ
ジュアッグはどう作成するか色々思案しましたが
電撃ホビーの岩田トシオさんの作例にインスパイアされたので
ウェザリング使用で作成することにしました

水陸両用そして1年戦争の遺物ということもおありちょっときつめの
ウェザリングを行うことにしました

キット自体は非常によく出来ているのであまり手を入れるところは
ないのですが3つだけ作業を行いました
・モノアイの別パーツ化
・メガ粒子砲の先端をメタルパーツ
・バーニアのリブの切り離し



ではご覧下さい
《フロント》
11IMGP19816.jpg

《サイド》
11IMGP19796.jpg

《リア》
11IMGP19786.jpg


11IMGP19836.jpg


11IMGP19876.jpg


このキット唯一の難点は肩装甲がもなかなので後はめが必要なことです
肩の後はめは岩田さんのまねで基部を切り離して塗装後に装着としました
IMG_0670-tile.jpg

モノアイは元のモールドを切り取り市販バーニアパーツの中に
オーロラシールを貼りその上にHアイズのピンクを入れてあります
IMG_7079.jpg

バーニアは市販パーツを使用することも考えたのですが
リブを切り取って使用することにしました
IMG_3808.jpg

メガ粒子砲の先端には金属パーツを
11IMGP19906.jpg



11IMGP19916.jpg
キットにはモノアイカバー的なメモリの入ったパーツが
付属していますが今回は使用していません
あえて頭の合わせ目を消していないのでお好みでつけて
頂いてもいいかと思います

11IMGP19966.jpg

11IMGP19996.jpg
このシーンを再現したいがためにジムⅢも同時に作成しました

11IMGP20196.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。